2017年01月03日

スマイルゼミが評判倒れだと思っている人の感想は

sensei.jpg

スマイルゼミを始めてみたけれど「イマイチ効果がなかった」「評判倒れだった」という人の感想には共通した特徴があります。どんな勉強法でも相性や向き不向きがあります。これからスマイルゼミを始めてみようかと思っている人は参考にしてみてください。

スマイルゼミが評判よりもイマイチだったところ
スマイルゼミがイマイチだったという人の感想には下記のようなものが目立ちます。

「すぐに飽きてしまった」
「問題のレベルが物足りない」
「タブレットがスムーズに動かない」

通信教育にありがちな「結局、ほとんど使わなかった」というのは少数派です。
使った結果、不満があったということです。

不満が出てしまうことの原因の一つが「評判の高さ」です。
ネットの口コミなどは極端の意見が多いので、すごくいいものという評判が蔓延してしまうことがあります。

スマイルゼミの場合も、その傾向にあります。

「学習習慣がついた」
「勉強することが好きになった」
「定期テストの成績がアップした」

など。良い評判があふれてますよね。
こうしたものを見て始めた人は、スマイルゼミに対する期待値が高くなってしまっているのです。

このため、ちょっとでも想定外のことが起こると、それが一気に不満へと変わってしまうのです。
例えば、ちょっとしたシステムトラブルなど。

タブレットの調子がちょっとおかしかっただけで、「使えない!」と烙印を押してしまうような態度です。何か一つでも不満があると、それまで好意的に感じていた部分が見えなくなってしまいます。

もったいないですよね。
勉強は続けてこそ効果が上がります。

良い面があるのなら、多少の悪い面には目をつぶっても続ける。
そうした人のほうが上手にスマイルゼミを使いこなしています。

自分で始めようと思った人よりも、親が勧めたのでなんとなく始めてみたという人のほうがスマイルゼミでの勉強にハマることが多いようです。理由は期待値の違いですね。

親から勧められただけに、あまり期待値は高くないハズです。
すると、イイところがあると、それに目が向き、好意的になってくるものです。

反対に期待値が高すぎると、イイところは当然だと考えてしまい、悪い部分にだけ目が行くようになってしまいます。それでは勉強する気になれませんし、効果も上がりません。

事前に評判を気にするのは悪いことではありませんが、始める前にあまり期待を高く持ちすぎないようにするのが効果を上げるためには大切です。ほどほどの気持ちで始めたほうが、上手くいくものです。

2016年12月14日

スマイルゼミの中学準備講座と比較したいサービス

junbi.jpg

この時期はスマイルゼミ以外にも中学準備講座を受け付けている通信教育があります。そこで主な中学準備講座にどんなものがあるのか調べてみました。

進研ゼミの中学準備講座
最も知名度があるのが進研ゼミの中学準備講座。こちらは紙のテキストを使って勉強する「オリジナルスタイル」とタブレットを使って勉強する「チャレンジタッチ」の2つのコースがあります。

どちらコースも対象は小学校6年生の1月から3月まで。
この3ヶ月間で小学校の総復習と中学校の先取り学習をするというものです。

「総復習」+「先取り学習」という形式はスマイルゼミと同じですが、「総復習」のやり方がスマイルゼミとは異なります。スマイルゼミでは、各自のニガテ単元にあわせて復習すべき単元が変わりますが、進研ゼミではみんなが同じ内容の単元を復習をします。

復習する単元は、中学に入ってから苦手になりやすいところに関連したものを進研ゼミが厳選。
通信教育で生徒の答案を数多く見てきた進研ゼミだからこうしたところがわかるというわけです。

進研ゼミは、「子どもにタブレットを使わせるのはまだ早い」と考えている保護者の方に選ばれているようです。書いて勉強する習慣をつけさせたいという人には向いていそうです。

Z会の中学準備コース
もうひとつ通信教育の老舗ともいえるのがZ会です。
こちらにも中学準備講座(名称は中学準備コース)があります。

ただし、こちらは1月号と2月号のみ。
3月号からは自動的に中学生コースとなります。

Z会は紙のテキストを使うノーマルな通信教育スタイル。1単元あたり20分となっており、スマイルゼミや進研ゼミの1単元15分より5分だけですが長くなっています。

総復習と先取り学習というのは同じ。
ただし、Z会の場合は特集教科というのが決められていて1月と2月は英語です。

特集教科は月10回の勉強なのに対し、それ以外の強化(1月、2月でいえば国語、算数、理科、社会)は月2回のみの勉強となります。

中学入学前に英語をしっかり勉強しておきたいという人にはオススメですが、算数の苦手を克服したいという人にはちょっともの足りない内容かもしれません。

それぞれの事情にあわせて進研ゼミやZ会をスマイルゼミと比較検討してみてください。