2017年04月26日

中学技術家庭科の定期テスト対策(1)コンピュータ機器の基本構成

sensei01.jpg

中学校の技術家庭科で習う情報の単元「コンピュータ機器の基本構成」についてのポイントをまとめました。定期テスト対策などに活用してみてください。

コンピュータ機器の基本構成
コンピュータ機器は大きく2つに分かれます。
ハードウェアソフトウェア

省略して、ハードとソフトと呼ばれることもあります。
コンタクトレンズみたいですよね。

コンピュータの場合のハードとは、目に見える機械のこと。
ディスプレイキーボードプリンタマウスデジタルカメラなどがハードです。

このあたりは想像がつきやすいと思いますが、耳慣れないのがハブルータ
どちらも通信ネットワークに関係するハードウェア(機器)になります。

ハブは主に複数のコンピュータをネットワークにつなげるときに使うもの。
ハブ空港とかの「ハブ」と同じ意味です。

これに対し、ルータはネットワーク同士をつなげるもの。
ココややこしいですよね。

簡単に言うと、学校の中のコンピュータ同士をつなげるのがハブで、学校のネットワークとインターネットをつなげるのがルータです。ルータのほうがより広い範囲をつなげると言えばわかりやすいかもしれません。

ここまでがハードの話です。
で、ソフトウェアとはプログラムのことです。

ハードを動かす命令(プログラム)のことをソフトウェアと呼びます。
ソフトウェアは大きく2つに分かれます。

OS(基本ソフト、オペレーティングシステム)アプリケーションソフトです。Windows10などがOSにあたり、ワードやパワーポイントがアプリケーションソフトになります。

コンピュータ関連の勉強はどうしてもカタカナが多くなりますが混乱しないように整理して覚えておきましょう。では、最後に確認問題です。

【確認問題】
次の中でハードウェアにあたるものをすべて選びなさい。
(ア)OS
(イ)ルータ
(ウ)プリンタ
(エ)ディスプレイ
(オ)パワーポイント

正解は次回の記事で発表します。
(この記事を読めばすべて答えられる問題です。)

スマイルゼミでは実技教科の勉強もできます。
詳しくはコチラから ⇒ ◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
posted by 塾長 at 17:51| 技術家庭科の定期テスト対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

スマイルゼミで英語を勉強している中学生の感想

english.jpg
小学校でも外国語活動として英語に触れていますが、教科としてスタートするのは中学校から。中学生のうちに英語に対して苦手意識を持ってしまうと、高校受験だけでなく大学受験や社会人にあってからも苦労します。

反対に最初の段階で自信を持つとその後の勉強がスムーズに。それだけに、高校受験を意識していない中学1年生の段階でも積極的に勉強しておきたいのが英語です。

そこで、スマイルゼミで英語を勉強している中学生の感想からスマイルゼミを活用した勉強方法を探ってみました。

音声がついていることへの評判が高い
実際にスマイルゼミを使っている人の英語の勉強についての感想で目立つのは「音声付きなのでわかりやすい」ということです。これは参考書での独学や塾での勉強ではないメリットかもしれません。

CD、音声付きの参考書もありますが、意外と使いにくいんですよね。
本文と対応する音声の箇所を探すのが手間だったりするからです。

スマイルゼミでは、画面で文字を見ながら音声をすぐ聞くことができます。
勉強は、ちょっとの手間がなくなると効率的でスムーズに進むものです。

いまどき「音声がついてるなんてあたり前」と思いがちなので、気づきにくいメリットですが、使ってみると問題集などとは違う便利さがわかるようです。

定期テスト対策が好評な理由
利用している人の感想でもうひとつ目立つのは定期テスト対策に役立ったということ。
スマイルゼミでは学校で使っている教科書にあわせた勉強ができます。

中学校の定期テストでは英単語なども教科書に関連した出題が中心になります。
参考書での勉強だとそこまでは対応していないですよね。

スマイルゼミは下記の教科書に対応しています。
・ニュークラウン(三省堂)
・サンシャイン(開隆堂)
・ニューホライズン(東京書籍)
・ワンワード(教育出版)
・コロンブス21(光村図書)
・トータルイングリッシュ(学校図書)

この中から自分の学校で使用している教科書を選んで勉強することになります。通常の学習だけでなく「暗記カード」も教科書にあわせてあるので効率的なテスト対策ができるというわけです。

学校の定期テストで良い点を取れれば英語に対して自信がつきます。
自信を持てば得意科目にするのもカンタン。

スマイルゼミを上手に使ってみてください。