2014年09月30日

スマイルゼミとZ会の比較(中学生版)

通信教育の老舗といえばZ会ですので、今回はZ会とスマイルゼミを比較してみたいと思います。

どちらも通信教育ですが違いがあります。
大きく分けると、IT、ネットを活用しているのがスマイルゼミで、紙の教材中心なのがZ会です。

ただし、Z会の通信教育でもインターネットで質問を受け付ける仕組みがあったりと、紙の教材だけというわけではありません。

また、練習問題にも違いがあらわれています。

Z会は問題数は少なくても良問を解くことで、しっかりと実力をつけるという方針です。これは、どんな問題が良い問題(生徒の実力が伸びるもの)か分かっているからこそできる考え方です。

通信教育を続けてきた歴史の中での積み重ねによるZ会のノウハウとも呼べる部分です。
添削メッセージにも、こうした積み重ねによるノウハウが生かされています。

一方のスマイルゼミは生徒のレベルにあった問題を解かせるという方針です。
このことが可能なのはITを活用しているからです。

数多くの問題を収録しておいて、生徒の正解数からレベルにあったものが出題されるようになっています。紙の問題集ではできないこうした仕組みがITを活用しているスマイルゼミの特徴です。

どちらも中学生向けのコースでは定期テスト対策あるのは共通しています。
中学生にとって定期テストは最も身近な目標ですので、これに向けての勉強が出来るようになっているのはZ会もスマイルゼミも同じです。

スマイルゼミとZ会の料金
スマイルゼミとZ会の料金を比較するとスマイルゼミのほうが高めになっています。

ただし、Z会は科目数や添削問題の分量(レギュラーかライトか)によっても異なりますので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

【公式サイトはコチラ↓】
【中学生のためのZ会の通信教育】



posted by 塾長 at 18:15| 他の通信教育との比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。