2016年01月14日

スマイルゼミ「標準クラス」の評判や特徴は?

スマイルゼミ中学生コースにある2つのクラスのうち標準クラスの特徴や評判について調べてみました。特進クラスと標準クラスのどちらからスタートすれば良いのか迷っている人は参考にしてみてください。

学校の定期テストで80点をとることが目標
標準クラスと特進クラスでは、特進クラスのほうが難易度が高くなっています。大きく分けると、学校の授業をしっかり理解して基礎学力をつけたいという人が標準クラス向きで、高校入試で上位校を狙っているような人が特進クラス向きです。

標準クラスの目標は学校の定期テストで80点を取ること。なので、すでに80点は取れているという人には内容がもの足りなく感じるかもしれません。

基本的に学校の授業に沿った内容をスマイルゼミでも勉強することになります。
といっても1講座15分なので、学校の授業ほど長くはありません。

講座ごとに内容がコンパクトにまとめられていて、理解度チェックのテストもあります。勉強したことが身についているかの確認は重要です。ここで出来なかった問題があれば、復習すべき講座が表示されるようになっています。

定期テスト対策が充実
標準クラスは定期テストで80点をとることを目標としているだけに定期テスト対策が充実しています。テスト2週間前になると、自動的に定期テスト対策モードに切り替わり、テストまでにやるべき勉強が優先度付きで表示されます。

ここで表示されるやるべき勉強は、それまでの学習記録からひとりひとりにあったオリジナルのプランとなっています。さらに、テスト前日になると最終チェック問題も表示されます。

テスト勉強で何を勉強したらよいのか悩んでいる人には最適です。

標準コースの評判は?
標準コースで勉強している人の評判を見ると2つに分かれます。

ひとつはカンタンすぎて意味がないというもの。
これはすでに定期テストで80点以上取れている人の感想だと思われます。

スマイルゼミには当初は標準コースしかなかったため、成績上位層にとってはカンタンすぎと感じられていたようです(今は特進コースがあるので、そちらを利用することができます)。

もうひとつの評判は学習習慣がついたというもの。こちらは、まだ定期テストで80点に達していない人たちのものと思われます。こうした人にとっては1講座15分という短さ(コンパクトさ)が学習習慣を身につけるきっかけになっているのだと思われます。


posted by 塾長 at 19:08| スマイルゼミの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。