2017年01月27日

スマイルゼミの評判からわかる新中3生の使い方

sensei.jpg

中学3年生となるといよいよ受験です。公立中に通っている人にとっては、高校受験が初めての受験となるかと思います。どのように勉強すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでスマイルゼミを使っていた中学3年生の評判から効果的な勉強方法を探ってみました。

高校受験ではの内申点対策も忘れずに
公立高校などを中心に多くの高校では入学試験だけでなく内申書も合否判定に使われます。このため受験勉強と同時に内申点対策も行わなければなりません。入学試験までは、まだ1年あるとゆっくりできない理由はココになります。

内申点というのは中学校での成績(通知表)のことです。出欠状況や部活動での役割など生活態度も考慮はされますが、内申点のメインとなるのは通知表の成績です。なので、学校の成績を上げることが受験対策になるわけです。

何年生の成績を内申点として使用するかは都道府県により異なります。例えば、東京都の場合は中学3年のときの成績(1学期と2学期)のみを内申点として使用します。

学校の成績を上げるために必要なことは定期テスト(中間、期末テスト)でいい点を取ることです。それだけではありませんが、成績をつける際にはテストの点が重視されます。

この定期テスト対策にスマイルゼミが役立ったという体験談が多くありました。

実技4教科の勉強もできるスマイルゼミ
学校の定期テスト対策で大変なのは何科目もいっぺんに勉強しなければならないことですよね。普段からしっかり勉強していればいいのかもしれませんが、なかなかそうもいきません。

中間テストは主要5科目、期末テストは実技4科目も含めて9科目という中学校が多いと思います。相当な勉強量になりますよね。

このなかで後回しになりがちなのが実技の4科目。
音楽、美術、技術家庭、保健体育はそもそも何を勉強すればいいのかもわからないですよね。

ただ、内申点のことを考えると、そうも言ってられません。
特に東京都など一部の都道府県では内申点における実技科目の比重が引き上げられています。

そこで、スマイルゼミを使って勉強したという人が多いようです。
スマイルゼミでは実技科目も含めた9科目の勉強ができます。

しかも、定期テスト対策モードがあるので内容も実践的。
限られた時間で9科目をバランスよく勉強することができたと評判です。

中学3年生になったら受験勉強だけでなく内申対策としても活用してみてください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。