2016年06月08日

スマイルゼミ中学講座は高校受験勉強に使えるか?

中学生向けのタブレット勉強法としてスマイルゼミが定着しつつあります。当初は問題のレベルがカンタンすぎるとの評判もありましたが、難易度が高い特進クラスもできたことでこうした不満もなくなっているようです。

ただし、まだ学校の定期テスト対策で使っているという人のほうが多いようです。そこで、高校受験勉強にも使えるのかについて調べてみました。

スマイルゼミで出来る高校受験勉強
スマイルゼミの中学生コースには入試対策講座というものがあります。この入試対策講座でも単元ごとに自分のレベルにあわせた問題が配信されるというのがウリです。

教科ごとではなく単元ごというのがポイント。数学であれば一次方程式、二次関数、立体図形など単元ごとに自分のレベルにあった問題で勉強できるというわけです。

入試では苦手な単元があると不利です。
ほかの人は出来ているのに自分は出来ないとなると、大きな差がついてしまいます。

そうしたことにならないように苦手な単元をつぶすのに役立ちます。

また、高校受験勉強で大切なのはいつ何を勉強すればいいのかということ。
この計画がしっかりしていないと無駄な勉強をしてしまうことになります。

スマイルゼミの入試対策講座は4段階にわかれています。
(1)基礎力アップ期(4月から7月)
(2)夏季集中期(8月)
(3)実践力養成期(9月から11月)
(4)直前対策期(12月から)

そのぞれの期間の前に志望校を設定することで、これから何を勉強しなければいけないかがわかるようになっています。こうして目標を明確にすることはモチベーションのアップにもつながります。

こうしたものがないと、「この勉強を続けていてイイのかな」「このままのペースで合格できるのかな」などと不安になってしまうものです。不安になっているようでは勉強に集中できません。そうしたことが避けられるのもメリットのひとつです。

公立高校入試向けの機能が充実
スマイルゼミの入試対策講座がターゲットとしているのは公立高校の入試です。私立に対応していないというわけではないのですが、公立高校を受験する人向けの機能が充実しています。

具体的には、「入試対策問題」と「入試専用暗記カード」。

入試対策問題」では、全国の公立高校入試で出題された問題をもとに勉強することができます。問題には正答率も表示されているので、確実に正解しなくてはいけない問題かどうかを知ることも可能です。

入試専用暗記カード」は入試によく出る単語や用語をまとめたもの。レベル的には公立高校の入試問題に対応したものとなっています。受験勉強で暗記は避けられない部分もあります。こうしたものを活用することで単調な暗記勉強も効率的になります。

さらに詳しくはコチラからチェックしてみてください。
◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育