2016年11月16日

スマイルゼミと学研ゼミを塾長が比較してみました

gakkenzemi.jpg

スマイルゼミと似たような学習ソフト(サービス)の学研ゼミが新たにオープンしました。

タブレットやパソコンを使って自分で勉強するというコンセプトは同じなのですが違うところもあります。そこで、それぞれの特徴について比較してみました。

2016年秋にサービス開始の学研ゼミ
学研ゼミは2016年の秋に新しく始まったものです。
学習参考書の出版や学研教室を行っている「学研グループ」によるオンライン学習サービスです。

教育会社としては老舗中の老舗ですので、これまでに培ったノウハウを学研ナビにも取り入れているというのがウリのひとつです。小中学生向けの学習ソフトでは、教育会社以外の参入も目立ちますが、学研というバックボーンがしっかりしているのは安心材料のひとつです。

学研ゼミは、いくつかのコンテンツに分かれています。
・スマートドリル
・ワンダードリル
・学研図書ライブラリー
・学研チャンネル
・学研ジュニア新聞
など。

この中から好きなものを選んで利用することになります。
1コンテンツあたり月額500円というのが目安(一部1000円あり)。

単純に1コンテンツで比べるとスマイルゼミより格安です。また、専用のタブレットを用意する必要もなく自宅にあるパソコンなどを利用することができます(ただし、推奨環境あり)。

気軽に始められるというのはメリットです。
どんな勉強法でも、あうあわないが必ずあります。

月額500円から始められるというのは、あわなかったときに止めやすいという意味で大きな利点です。

スマイルゼミは中学生向き、学研ゼミは小学生向き
学研ゼミの対象は幼児から中学生までとなっていますが、メインターゲットは小学生のようです。広告に使用されている写真などを見ても小学生が主な対象だということがわかります。

コンテンツの中身も小学生が好きそうな内容になっています。学習できる範囲は中学校のレベルまでカバーしていますが、勉強したくなる仕掛けなどは小学生向きです。

スマイルゼミの場合は、小学生版と中学生版に分かれているということもありますが、それを別としてもシステムのつくり自体が中学生をメインターゲットとしているように思われます(このへんは塾長としての経験によるカンですが)。

個人的な好みの問題もあると思うので、気になる方は公式サイトでチェックしてみてください。
【初月無料】学研ゼミがいよいよグランドオープン!



posted by 塾長 at 17:57| 他の通信教育との比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。