2017年07月03日

夏期講習よりもスマイルゼミのほうが優れているところ

natsu2.jpg
夏休みに勉強して「変わりたい!」という人向けに夏期講習よりもスマイルゼミのほうが優れているところを塾長目線でピックアップしてみました。夏期講習にはイイところがありますが、思わぬ落とし穴もあります。

秋に後悔しないように事前に知っておきましょう。

夏期講習は夏バテを招きやすい
夏期講習で意外な落とし穴となるのは、塾への行き帰りだけで疲れてしまうというところです。猛暑の中の移動は体力をかなり奪うものです。教室についてグッタリ、帰ってきてグッタリでは何のために行っているのかわかりません。

また、教室のクーラーが効きすぎているのにも注意。暑い中を移動してきて教室が冷えているのはありがたいのですが、気温の差が大きすぎて体調を崩してしまうこともあります。

意外と夏期講習に通っている子に夏カゼをひいている子が多いのはこうしたことが原因です。
これもまた、何のために夏期講習に通っているのかわからない状態ですよね。

スマイルゼミでの自宅学習
スマイルゼミを活用した自宅での勉強であれば上記のような心配はありません。
どこにも通う必要がないですし、クーラーも自分にあわせて設定できます。

また、早朝の時間を活用できるのもメリット。
夏休みの勉強は午前中(できれば早朝のうち)にやってしまうのがカシコイやり方です。

午前中のほうが涼しいですし、午後から遊べると思うと勉強する気も出てくるものです。
夏期講習の場合は午前中のコースもありますが、早朝はないですよね。

普段よりも早起きして勉強してみるというのも、「勉強してる感」が出て気持ちイイものです。早起きして午後に眠くなってしまったら、学校がないのでお昼寝することもできるのが夏休みならでは。

スマイルゼミを使って早朝勉強に挑戦してみることをオススメします。

2学期以降にも役立つ
夏期講習の落とし穴をもうひとつ。

夏期講習での勉強に慣れても、2学期以降に夏期講習はありません。
2学期以降に勉強のペースを自分で作るところから始めなければならなくなります。

スマイルゼミでの勉強を夏休みのうちに習慣づけておけば、2学期以降も同じように勉強することができます。これも大きなメリット。

夏期講習は短期的な効果があるのに対し、スマイルゼミの場合は2学期以降も役に立つ継続的な効果が得られると言えるかもしれません。参考にしてみてください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。