2014年05月19日

中学生が英語を苦手としてしまうポイント

小学生のうちから英語に触れる機会も増えていますが、本格的に英語が始まるのは中学に入ってからです。勉強としての英語が始まると、どうしても苦手意識を持つようになる子もいます。

ただ、英語の勉強は中学から高校受験、大学受験と続き、多くの職種で社会人になっても必要とされます。それだけに、最初に英語の勉強を始める中学校の段階でつまずかないことが大切です。

単語が覚えられないのが苦手の入口
中学校の段階で英語が苦手になってしまうきっかけは単語が覚えられないこと。
英語は文法も大事ですが、単語を覚えないことにはどうにもなりません。

ただ、単語を覚えるのは理屈ではありません。

「なぜ、リンゴがappleなのか?」には何の理由もありませんし、「appleはなぜ、pを2つ重ねるのか?」にも理由はありません。

理屈抜きで覚えるしかないのが英単語。
それを出来るかできないかが、英語が苦手となるか得意となるかの最初の分かれ道です。

単語さえ覚えれいれば、文法を知らなくても、意味はなんとなく分かるものです。
意味が分かれば苦手意識もなくなります。

中学英語の勉強で最も大事なのは、いかに単語を覚えるかだと言えます。

スマイルゼミでの英語の勉強
スマイルゼミ(中学版)での英語の勉強も、英単語の勉強方法に工夫が見られます。

暗記カードを用いたものや、重要な単語についてはスペル・意味・発音それぞれについてステップ学習できるようになっています。

英単語を覚えるというのは極めて単純な勉強だけに差が出るものです。

自分なりのやり方が確立されていれば問題ありませんが、そうでなければいろいろな方法を検討することが大切です。





ラベル:スマイルゼミ
posted by 塾長 at 13:16| 中学生の科目別苦手ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。