2015年12月21日

進研ゼミプラスとスマイルゼミの中学講座を比較するときの注意点

最近やたらとテレビCMで見かけることが多いのが進研ゼミプラスというもの。タブレットを使って勉強できるようなものらしいので、スマイルゼミと似ている気もしますが、CMだけではどんなものかイマイチわかりませんよね。

進研ゼミプラスとは…
まず、進研ゼミプラスがテレビCMで言っていることを確認すると次のようなことでした。
キミが知らない進研ゼミが始まる。
塾とか通信教育とかの垣根を越えて。
キミだけの問題。
キミだけのカリキュラム。
キミだけのコーチ。
伸びてゆく自分に、きっと驚く。
進研ゼミプラス。
CMなので象徴的なフレーズが並んでいるだけですが、これにあわせて使用しているイメージの映像も流れるので、何となくは想像できますよね。

おそらく、「オリジナルの問題やカリキュラムがタブレットを使えて勉強できて、いざとなったらコーチ(先生)にも相談できる」というもの。「いままでのものとは違って成績アップの効果がありますよ」と言いたいらしいことはわかります。

実際に公式サイトで見てみました。
基本的には予想通り。

ただ、意外なことがひとつ。
2016年4月スタート

どうもあれだけCMを流しているのに、まだ始まっていないようです。
4月ってまだまだですよね。

いまのところは予告編といった感じのようです。

また、コースが2つあることもわかりました。
オリジナルスタイルとハイブリッドスタイルの2つ。

何が違うのかというと、iPadでの勉強があるのかないのかということ。

テレビCMではタブレットで勉強している映像が流れていましたが、必ずしもタブレットで学習できるわけではないようです。タブレット(iPadを使用)で勉強できるのは、「ハイブリッドスタイル」のほう。

テキストと学習相談は、どちらのコースにもありますが、iPadでの勉強があるのハイブリッドスタイルのみ。オリジナルスタイルにはないようです。

なので、スマイルゼミと比較するときはハイブリッドスタイルのほうをチェックするようにしましょう。


ラベル:スマイルゼミ
posted by 塾長 at 19:10| 他の通信教育との比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。