2015年11月04日

スマイルゼミを使った期末テストでの実技教科勉強方法

中学生にとって期末テストで面倒なのは実技4教科(美術、音楽、保健体育、技術家庭)の勉強です。東京都など一部の都道府県では高校入試の内申書における実技4教科のウェートが高くなったので、何も勉強しないというわけにはいきません。

ただ、普段あまり勉強しない科目だけに何をどう勉強したらよいのか分からないですよね。そこで、期末テストでの実技教科対策としてどんな勉強方法が効果的なのかをネットでの体験談や口コミなどをもとに調べてみました。

基本は教科書
期末試験での実技4教科の特徴は応用問題よりも基本問題が多いということ。ある意味、応用は「実技」そのもののことですので、ペーパーテストとなると基本問題中心になります。

実技教科での基本問題というのは、重要語句に関する問題。
「次の語句の説明として正しいものを選びなさい」といった問題が典型的です。

こうした問題への対策は教科書に出てきた重要語句をしっかり覚えること。「教科書に出てくる太字のところを単語帳にして意味を覚えた」といった勉強法をしている人が何人かいました。これだけでもかなりの高得点が取れるそうです。

実技の場合は教科書も厚くないので、単語カードもほんの少しで済むのでラクな割には、テストでほぼ出るので効率もイイ勉強法とのことです。

スマイルゼミを使った勉強法も
教科書以外での勉強法としてはスマイルゼミを使っている人もいました。「教科書を見ると眠くなってしまう」「教科書だと勉強する気になれない」という人が実技4教科の勉強もできるものとして活用しているようです。

もともとは数学や英語などでメインで使っていた人の中にも、期末対策で使えるので、実技はスマイルゼミを使って勉強することにしたという人もいました。

スマイルゼミであれば、単語カードを作る必要もないのもメリット。気分転換に実技の勉強をすることで、数学や英語の勉強がはかどることもあるようです。


posted by 塾長 at 18:46| 中学生の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。