2015年06月13日

スマイルゼミの定期テスト対策を使った効果的な勉強法

中学生の勉強では学校での定期テストが重要です。高校入試という目標があるかもしれませんが、1年生や2年生にとってはまだ先のことですし、3年生にしても志望校が決まるまでは受験勉強一本というわけではありません。

それよりも学校の定期テストの成績のほうが気になるものです。定期テストの点は通知表の成績に関係してきますし、内申点にもつながります。

また、定期テストは範囲が高校受験よりもはるかに狭いので、ちょっと勉強すればすぐに良い成績を取ることができます。一度でも良い成績が取れると自信になるものです。その結果、勉強が好きになるということも少なくありません。

ただ、範囲が狭いからと言って、勉強すれば誰でも良い成績を取れるわけではありません。勉強してるのにあまり成績が上がらないという人は要注意です。何か勉強の仕方が間違っている可能性があります。

スマイルゼミで定期テスト対策の勉強をするようになってから成績が上がったという人の体験談には、成績が上がらなかったとき(スマイルゼミで勉強する前)の勉強法が書いてあります。

「こうしたら成績が上がった」「こうしてたときは成績が上がらなかった」を比べてみることで、成績の上がる定期テスト対策勉強法というものがわかります。

同じ問題を繰り返し解く
スマイルゼミで成績が上がったという人の体験談にあるのは「同じ問題を繰り返し解く」ことで実力がついたということです。タブレットでの勉強であれば、紙の問題集とは違って、何度も同じ問題を書き込んで解くことが出来ます。

これが成績アップには必要です。
というのは、一度解いただけでは、分かったつもりになっただけだからです。

定期テストのときに、見たことあるような問題だけど、解き方を忘れてしまった。ということはありませんか?こうしたことがある人は、分かったつもりになっていただけだから問題が解けないのです。

そもそも、一度解いただけでは完全に覚えられません。
何度も解くことで、解き方を覚え、テストの問題が解けるようになるのです。

こうした勉強が出来るのがスマイルゼミです。
同じ問題を繰り返し解いて覚えるのが成績アップのコツです。

ただし、答えを丸暗記では意味がありません。
あくまで覚えるのは解き方。

そのために便利な機能がスマイルゼミの数学ドリルです。
これは同じ問題を数値だけ変えて出題してくれる問題集です。

これなら答え丸暗記はできません。
解き方を覚えるには最適な勉強法ですので、ぜひ活用してみてください。



posted by 塾長 at 10:09| 中学生の勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。