2018年02月28日

中学生の塾の平均費用とスマイルゼミの料金を比較するときの注意点

sensei.jpg

文部科学省が2年おきに行っている「子どもの学習費調査」というものの中に学習塾費についての項目もあります。これによると平成28年度版の調査結果による中学生の塾の平均費用は下記のとおり。

公立中学校に通っている生徒の平均学習塾費
中学1年 203,000円
中学2年 240,000円
中学3年 401,000円
(塾に通っていない生徒も含めた全体の平均ではなく、塾に通っている子の平均です)


スマイルゼミ中学生版(標準クラス)の一年間の会費はこちら。
中学1年 71,760円
中学2年 71,760円
中学3年 83,760円
(4月開始の場合)

塾の料金と比較すると、かなり安く感じるかもしれませんが、スマイルゼミの料金の見方では気をつけなければならないことがいくつかあります。

専用タブレット代「9,980円」ほか
スマイルゼミは毎月の利用料のほかに専用タブレット代が必要になります。
上に掲載した年間会費というのは年間利用料の合計金額に過ぎません。

利用料のほかに必要な「専用タブレット代」は1年間で9,980円。スマイルゼミは自宅にあるタブレットを使用することができないので、この専用タブレット代は必要になります。

公式サイトでも料会費シミュレーションのところに注意事項で『上記の会費の他に、1年間の継続利用を前提として、専用タブレット代「9,980円」がかかります。』との表記があります。

合計の利用料金が計算できると思ってしまいがちですが、計算してるのはあくまで「会費」。
タイトルも「会費シミュレーション」となっています。

会費のほかに「専用タブレット代」も必要となります。
それだけではありません。

スマイルゼミには「英語プレミアム」というものがあります。
オプション機能で、これをつけると月額2,980円プラス。

これをつけなくても英語の勉強をすることはできますが、標準のモノだけだともの足りなくなってくる可能性があります。

また、スマイルゼミは学力レベルにあわせて標準クラス特進クラスにわかれています。
最初に説明した料金は標準クラスのものです。

特進クラスの年間会費(英語オプションなし)はこちら。
中学1年 129,600円
中学2年 129,600円
中学3年 153,600円
(4月開始の場合)

これに英語オプションをつけるとこうなります。
特進クラスの年間会費(英語オプションあり)はこちら。
中学1年 165,360円
中学2年 165,360円
中学3年 189,360円
(4月開始の場合)

特進クラスでも専用タブレット代は必要になります。
なかなかの金額になりますよね。

ちなみに、いままで記載した金額は12ヶ月一括払いでのものです。
毎月払いの場合は、この会費よりも割高となります。

詳しくは公式サイトでチェックしてみてください。
◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育



2018年02月12日

学習塾と比較したスマイルゼミの長所と短所

sensei.jpg

新学期に向けて「そろそろ塾にでも」と思って探している人も多いのではないでしょうか。新学期前の2月から3月にかけては塾も新入塾生向けにキャンペーンなどを行っていることが多いものです。

また、最近はスマイルゼミなどタブレットを使った勉強法も人気です。
選択肢が多いのはいいことですが、それだけ迷ってしまうもの。

そこで、学習塾と比較したときのスマイルゼミの長所と短所をまとめてみました。

スマイルゼミの長所は勉強の種類のバリエーション
学習塾と比較したスマイルゼミの長所は勉強の種類のバリエーションが豊富なことです。
まず、勉強できる科目が実技教科も含めた9科目

塾で実技教科を教えてくれるところはほぼありません。
内申点対策で実技教科も勉強しなければならない人にはスマイルゼミが向いています。

また、実技教科以外の五科目(英数国理社)もスマイルゼミであればすべて勉強できます。
塾で5科目も勉強するというのは費用面から現実的ではありません

英語と数学だけ塾で勉強。
あとは自分でガンバルというのが一般的な塾に通っている生徒のパターンです。

理科社会などの勉強方法が確立していて、塾に頼らなくても勉強できる人ならいいのですが、そうでない場合は、塾通いではココがネックとなります。すべての教科が勉強できるというのは、塾にないスマイルゼミの長所です。

もちろん、好きな時間に勉強できるというのも長所。15分単位で勉強できるようになっているので、夕食前やお風呂上りなどのちょっとした時間に勉強することができます。

勉強では小さな積み重ねが大切なのはいうまでもありません。
そうした積み重ねが出来る仕組みがスマイルゼミであればあるというわけです。

スマイルゼミの短所は本人次第なところ
反対にスマイルゼミの短所は強制力がないこと。
塾であれば勉強せざるを得ない状況が作れますが、スマイルゼミは違います。

スマイルゼミのスイッチを入れるのは自分です。
自分がスイッチを入れなければ、何も始まりません。

時間になれば授業が始まる塾とはココが違います。
強制されないと勉強をしないという人の場合は塾のほうが向いていると言えます。