2017年10月23日

スマイルゼミ等を使って短期的に成績を上げる方法

「急に成績が上がることなんてない、地道にコツコツ勉強するしかない」というのは、その通りなんでしょうが、どうしても短期間で成績を上げなければならないときってありますよね。

受験まであとわずか。
なのに、模試はE判定。

とか。

そこで、コツコツやってるヒマはないというときの一発逆転の勉強法を紹介したいと思います。

選択と集中:捨てるものは何か
短期間で成績を上げようと思ったら、何かに集中しなければなりません。
何かに集中するというのは、別の何かを捨てること。

アレもコレも、と考えていたのでは一気に成績を上げることはできません。
まずは、科目を絞りましょう。

短い期間でも成績を上げやすいのは理科社会
基礎力がなくても、ガンバリで何とかなる科目だからです。

むしろ、短い期間で集中的にやったほうが忘れないでイイという人もいます。ホントの実力が身についたかといえば話は別ですが、とりあえず入試などある時点での成績を上げればイイというときに効果的です。

さらに、最初は理科と社会の中でも、さらに単元を絞ります。
理科なら、物理、化学、地学、生物学のどれか。社会なら、歴史、地理、公民のどれか。

選んだ一つを、ひたすら勉強します。そうすることで成績を上げるコツがわかりますし、どのぐらい勉強すればイイのかの目安にもなります。

最初からすべてと考えると成果が出るまでに時間が掛かってしまいます。
できるだけ、範囲を絞って、その勉強に特化しましょう。

塾よりも独学ツールを活用
こうしたときに活用したいのがスマイルゼミなどの独学ツールです。
塾での勉強だと、どうしてもペースが決められています。

短期集中講座というものもありますが、これは開催時期が夏休みや冬休みに限られているので、そこまで待たなければなりません。また、その講座が自分にあったレベルとも限りません。

スマイルゼミなどの自分で勉強できるソフトであれば、自分のペースで進めることができます。学年をまたいで復習をしたいのであれば、スマイルゼミではなく下記のスタディサプリが使えます。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料


塾よりもこうしたツールを上手に使い分けることが短期間で成績を上げるためには必要不可欠です。比較検討して自分にあうものを見つけてみてください。