2017年12月11日

スマイルゼミ中学準備講座の内容を塾長目線でチェック

junbikouza2.jpg
毎年、この時期に申込者が増えるスマイルゼミ中学準備講座の内容について塾長目線でチェックしてみました。

スマイルゼミ中学準備講座とは…
スマイルゼミ中学準備講座とは、小学校6年生を対象としたものです。
時期は中学入学前の1月から3月の3ヵ月間。

基本的には中学受験をせずに公立中に進学する小学6年生が対象です。小学生のうちはそれほど真剣に勉強してこなかったけど、高校受験のことを考えると、そろそろ何かやっとかなければ…と思い始めることが多いようです。

また、紙の通信教育を続けて来たけど、マンネリ気味で飽きてきたので、このタイミングでタブレットに変えようというひとも一定の割合でいます。

スマイルゼミ中学準備講座の内容
内容は小学校で習う範囲の総復習+中学1年1学期の範囲のちょっとした予習。
科目は国語、算数(数学)、理科、社会、英語。

いずれの科目もタブレットを使って勉強します。
タブレットを使うと言っても、マウス&クリック操作だけではありません。

専用のペンがついているので、漢字などはタブレット画面に書き込んで勉強します。
入力した文字が正しいかは自動的に判定が行われるようになっています。

他のタブレット学習と比較して、この専用ペンがスマイルゼミの特徴のひとつ。
実際に使ったことがあるのですが、ペン入力がかなり洗練されています。

塾長目線でチェックすると算数(数学)英語がオススメ
スマイルゼミ中学準備講座を科目別にチェックしてみました。
国語は正直に言ってイマイチ

漢字の勉強はペン入力ができるので役に立ちそうですが、それ以外の読解などについてはイマイチ。ただ、国語の勉強(特に読解)については、塾でも教えることが難しいものなので、仕方がない面もあるかもしれません。

理科社会可もなく不可もなく。イラストや図が豊富で内容がわかりやすくまとまっているのですが、無理してタブレットを使う必要がないのかなという気がします。

オススメ算数英語

算数は問題を解くことで苦手な分野を判定してくれて、それにあわせた勉強ができるようになっています。塾で言えば、個別指導のようなものです。

算数は計算、比・割合、図形、文章題と単元によって得意不得意がわかるることが多いものです。
自分のレベルに合わせた勉強をすることは成績アップの第一条件です。

さらに間違えた問題の数字部分だけ変えて繰り返し解く「算数ドリル」もなかなかのスグレモノ。

間違えた問題を繰り返し解くことは学力アップにつながりますが、まったく同じ問題では答えを覚えてしまっているので意味がありません。数字の部分だけを変えて、解き方を身につけさせる「算数ドリル」は、かなり役立ちそうです。

このあたりは紙の問題集ではできないタブレットならではの良さだと思えます。

また、英語リスニング学習ができるところがメリット。
これも参考書や塾では意外とできない(中途半端になってしまう)ことです。

英語は小学校では正式な教科ではないため、授業内容の学校間格差が大きくなってしまいます。
このため中学入学前に自分の英語レベルを確認する意味でも使ってみることをオススメします。

タブレット画面のイメージなどは公式サイトで確認できます。
チェックしてみてください。
◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

2017年11月30日

スマイルゼミが冬期講習よりも優れているところは…

kaze.jpg

この時期になるとスマイルゼミと冬期講習を比べてみる人も増えてくるかと思います。特に来年が受験となる中学2年生などは、そろそろ勉強を本格的にしないと…と思い始める時期ではないでしょうか。

スマイルゼミにも冬期講習にもそれぞれメリット・デメリットがありますが、ここでは盲点となりがちなことについて述べておきたいと思います。

冬期講習で気をつけなければならないこと
冬休みというのはインフルエンザが流行期に入る時期でもあります。
また、風邪で体調を崩す人も増えますよね。

インフルエンザにしても、風邪にしても予防で大事なのは「マスク」「手洗い」「うがい」。
さらに、十分な睡眠やバランスの良い食事も大切です。

ただ、どれだけ気をつけていてもインフルや風邪はうつされてしまうことがあります。
そのためには、人込みに出かけないことも必要。

実は冬期講習というのは、インフルや風邪でも無理してきてしまう人がいるのです。
塾側としては「お客さん」だけに、なかなか出席停止などの強い処置は取れないのです。

「気をつけてます」「予防は万全です」と言う塾でも、インフルが疑われる生徒がいても「見て見ぬフリ」をしてしまうことが少なくないようです。

そもそも、体調が悪いのか疲れてるだけなのかを見分けること自体が難しいという面もあります。

冬期講習でインフルになってしまった
その結果、冬期講習でインフルになってしまったという人が毎年のように出ます。年明けぐらいにブログなどを見ると、「正月は寝込んでるだけでした。もう、サイアク」なんてのが目立ちます。

これでは行かなかったほうがマシですよね。
冬期講習にはこのリスクがあることを忘れないでください。

スマイルゼミに限らず通信教育であれば、こうした心配はありません。
冬期講習のために寒い中を通わなくても良いというのも忘れがちですがメリットです。

スマイルゼミと冬期講習を比較するとなると、内容や効果のことばかり(保護者であれば料金のことも)考えてしまいがちですが、ここに記載したインフルエンザリスクの観点も忘れないで下さい。

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育